2019年03月18日

ラズパイで遊ぶ-その1-KDE Plasmaを入れる

もういくにちかすぎました。
ラズパイを買ってから・・・。
ということで、ラズパイで遊んでみました。
もちろん、Ubuntuなんて使わずいちから CentOS の KDE Plasmaを入れて・・・。
一応KDEユーザ会の端くれとしてはそこに KDE がある限り、入れるのが使命です。

それにしても昔みたいに、KDEを入れるのはtar玉からではなくていいですね。
https://wiki.centos.org/SpecialInterestGroup/AltArch/armhfp
↑にもうほとんどやり方が書いているので親切です。

さて、遡ること幾週間。千石電商にラズパイを買いにいきました。
店員さんに「ラズパイください」と言ったところ快く色々見繕ってくれました。
今回買ったもの
・ラズパイ3 model B+
・純正(?)電源
・32GBytes MicroSDカード
・アルミケース
・2mのHDMIケーブル
大体13,000円くらいです。
それから別個に一個1,490円くらいの
64GBytesUSBタイプのフラッシュメモリを買いました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00IUF56T2/
これを買って早速組み立て。
と言っても、ラズパイとケースを4つのねじで止めて
ケースのふたを4つのねじで閉めただけです。

あとはマニュアルどおりに、KDE Plasmaを入れたら完了。

残念なのは、KDE Plasma用にはというかARM用のCentOSにはPHP7が上手く入らなかったこと。

目指すは、3つの違うアルゴリズムをそれぞれの一個のラズパイに入れてその違いを見たい。
マギちゃんをこの中に詰め込みたいと思います。
ドメインも取りました。

本物のマギはあれだけでかかったけど、これだけ小さくてもきちんと計算できるよということを示したい。
ただ今わかっているのは、遅い、非常に遅い。
MeCabをインストールするのに15分くらいは少なくともかかっています。
でもRMeCabも入ったしあとは次のラズパイをMinimal Installして弄りまくりたいと思います。
あと、目が悪くなってしまったのでTVに接続したターミナルの文字がでんでん見えない。
ターミナルを立ち上げた後にCtrl+マウスのスクロールで文字をでかくしないと見えないという情けない事態に・・・。

少ない予算で買うには後3台のラズパイにはキーボードを繋げずに、外からSSHで入って弄ることになるでしょう。

因みに今はキーボードはUSBのやつはHHKB Pro2しかなかったので我慢してつなげています。
あとは何を計算させるかを考えないとですね。
posted by evakichi at 00:07| Comment(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。