2017年05月29日

超備忘ログ 絶対失敗しない(?) CakePHP3.4.2 の入れかた

用意するもの
・CentOS 7.3.1611(インストール時にできるだけパッケージを入れておく)
・PostgreSQL

1.PHP7.1.5 のインストール
php-7.1.5.tar.bz2 を手に入れて tar で展開
$ cd php-7.1.5
$ ./configure --with-libdir \
--with-config-file-path \
--with-config-file-scan-dir \
--disable-debug \
--with-pic \
--disable-rpath \
--without-pear \
--with-freetype-dir \
--with-png-dir \
--with-xpm-dir \
--enable-gd-native-ttf \
--without-gdbm \
--with-gettext \
--with-gmp \
--with-iconv \
--with-jpeg-dir \
--with-openssl \
--with-pcre-regex \
--with-zlib \
--with-layout=GNU \
--enable-exif \
--enable-ftp \
--enable-sockets \
--with-kerberos \
--enable-shmop \
--enable-calendar \
--with-libxml-dir \
--enable-xml \
--with-mhash \
--with-pgsql \
--with-pdo-pgsql \
--with-apxs2 \
--enable-intl \
--with-icu-dir=DEFAULT \
--enable-mbstring \
--with-curl

$ make
$ make test
# make install

2.Composer のインストール
https://getcomposer.org/download/
を参照。

3.Cake PHP のインストール
$ composer create-project --prefer-dist cakephp/app my_app_name

my_app_name は任意。

4.config/app.phpの編集
$ cd my_app_name
$ vi config/app.php

Datasources と test の両方とも Mysql -> Postgresに変更。
ユーザー名とかは適当に。

5.Cake PHP 起動
$ ./bin/cake server

6.ブラウザで確認
http://localhost:8765/

オワタ。
しかし、CakePHP で何がどこまでできるかは謎。

この話のミソは、PHP をインストールするときの ./configure オプションの最後の5行ぐらい。後は超適当。
その超適当なオプションのつけ方は、

$ yumdownloader --source php-5.4.16-42
$ rpm2cpio php-5.4.16-42.el7.src.rpm | cpio -idv php.spec
$ less php.spec

から引っぱってきました。
オワリ。
posted by evakichi at 21:00| Comment(0) | 技術

2017年05月27日

ちょーびぼーろぐ php7にうp汁とき

標準で入っていたPHPが古いのとPOD_PGSQLができなかったので
手動でPHP7をインストールしたが、
./configure 時に --with-apxs2 がないと libphp7.so ができないことが判明。
チョーはまったorz。
posted by evakichi at 23:54| Comment(0) | 技術