2016年09月25日

備忘録-flash playerのインストールに際して-

CentOS6.3にFlashPlayerをインスコしたときのこと。
プラグイン自体は/usr/lib/mozilla/plugins に入っているのだけれど、
認識してくれず、古いままのプラグインが認識される。
findした結果、
/home/hoge/.mozilla/plugins にlibflashplayer.soが残っていた。
これが悪さをしていた。
削除したら、新しいプラグインを認識し、
無事にGooglePlayMusicが使えるようになりました。
ジャンジャン。
posted by evakichi at 23:57| Comment(0) | 技術

日本語PSファイルをPDF化する。

日本語PSファイルをTexLive標準のghostscriptで表示させると日本語が化ける。
そこで
https://www10.atwiki.jp/gleaning/pages/9.html
を参考に、
窓の杜からIPAフォントをダウンロードしてきて
/usr/share/fonts/jp-ipafonts/
に格納する。
そのあと、/etc/ghostscript/9.07/fidfmap.ja
を作り、その中に。
/Kochi-Gothic << /FileType /TrueType /Path (/usr/share/fonts/ja-ipafonts/ipag.ttf) /CSI [(Japan1) 6] >> ;
/Kochi-Gothic-Regular /Kochi-Gothic ;
/Kochi-Gothic-JaH << /FileType /TrueType /Path (/usr/share/fonts/ja-ipafonts/ipag.ttf) /CSI [(Japan2) 0] >> ;
/Kochi-Gothic-Regular-JaH /Kochi-Gothic-JaH ;
/Kochi-Mincho << /FileType /TrueType /Path (/usr/share/fonts/ja-ipafonts/ipam.ttf) /CSI [(Japan1) 6] >> ;
/Kochi-Mincho-Regular /Kochi-Mincho ;
/Kochi-Mincho-JaH << /FileType /TrueType /Path (/usr/share/fonts/ja-ipafonts/ipam.ttf) /CSI [(Japan2) 0] >> ;
/Kochi-Mincho-Regular-JaH /Kochi-Mincho-JaH ;
/Ryumin-Light /Kochi-Mincho ;
/GothicBBB-Medium /Kochi-Gothic ;
/Adobe-Japan1 /Kochi-Gothic ;
/Adobe-Japan2 /Kochi-Gothic-JaH ;

を書き込むとghostscriptは日本語を表示するようになる。
そこで、ps2pdfを行うと、日本語PSから日本語PDFができるときがある。完ぺきではない
いくつかのファイルは情報が消え去った。
posted by evakichi at 12:42| Comment(0) | 技術

2016年09月24日

3時間格闘した挙句-PostgreSQL MDB2とIPv6のおはなし-

PHPにはMDB2というpearのパッケージがあります。
様々なデータベースへアクセスを可能にするものです。
昨日まではAWSで動いていました。
だからローカルで試しても動くだろうと思って、ローカルマシンにMDB2とMDB2_Driver_pgsqlを入れたのです。
ところがどっこい、動かない。
PHP Fatal error: Call to undefined function: MDB2_Driver_pgsql::raiseError(). in /usr/share/pear/MDB2.php on line 1936
というメッセージがhttpdのログに出てきただけで反応が無い。
おかしいのでググってみても解決方法が見つからない。
これはAWSがPostgreSQL9.4だったからきっとPostgreSQLのバージョンを上げれば直るかもしれない。
と思いPostgreSQLのバージョンを9.5に引き上げてみました。
しかし動かない。
そこで、
$pear list
コマンドでAWSとローカルのパッケージのバージョンを比較してみたところ、
AWSではMDB2もMDB2_Driver_pgsqlもbeta版を使っていました。
そこで、ローカルマシンもbeta版を入れてもう一度実行したところ、
_doConnect: [Error message: unable to establish a connection] [Native message: ]
とWebブラウザに表示されたっきり変化なし。
きっとこれはPHPのバージョンが古いせいだと考えた私は次にPHPを5から7へバージョンアップさせてみることに。
しかし症状は変わらない。
仕方がないのでMDBを諦め、PDOを使ってみると、今度は
Ident authentication failed for user "postgres"
とWebブラウザ上に出てしまった。
不思議に思い、psqlに-Wオプションをつけて実行したところ
postgres のパスワードを打ち込んでも同じエラーが出ることに気づいた。
そうこうしているうちに日は暮れて、悩んだ挙句わかったこと。
IPv6が悪さをしていることがわかった。
pg_hba.confのIPv6の設定がコメントアウトされてしかもMETHODが
Identになっていた。
そこで、このコメントを外して、IPv6でも認証するようにして
METHODもIdent→trustに変更、
PostgreSQLサーバを再起動させたところ、psqlでもPDOでも目的の動作を確認できた。
そこで、MDB2を使ってみたところ、意図した動作が確認できた。
結論:IPv6を忘れちゃいけないよ。
posted by evakichi at 00:15| Comment(0) | 技術