2015年12月15日

CentOS7 を アップデートしたら急に 英字配列になった時の対処法

今日、CentOSをアップデートしました。
その後、ログインしてアンスコ"_"を入力しようとしても打てない。
どうやら日本語配列から英字配列になってしまったようですが、
X11の設定を見てもどこを見ても日本語配列の設定のまま。

ところが、一点だけ違うところがありました。次の図から始めます。
img001.png

右上隅のをクリックして

img002.png

を出します。Use custom keymapをチェックして…

img003.png

直ったーと思ったら、直っていない。HHKのキーボード配列になっていない。
もう少し手直しが必要そうです。

-追記-
以下のようにHHK用に直しました。

img004.png
「Applications」→「System Tools」→「Settings」
img005.png

「Keyboard」を選択。

img006.png

「Input Sources」を選択して、

img007.png

左下の[+]を押して、

img008.png

[Japanese]を選択、

img009.png

ここでも[Japanese]を選択し右上の[Add]ボタンを押す、

img010.png

最後に[Japanese (Kana Kanji)]を選択して[-]ボタンを押して、出来上がり。

・・・と思ったら、今度はかな漢字が打てなくなりました。さぁ大変。まだ修正が必要そうです。


--また追記--

先ほどの[Japanese] の[Input Sources]を[Japanese (Kana Kanji)]に戻したら戻りました。
めでたしめでたし。

--またまた追記--
めでたくなーい。リブートしたら元に戻っちゃったよorz。
また対処法を考えます。
続きを読む
posted by evakichi at 14:04| Comment(0) | 技術