2017年11月20日

結石で欠席の顛末

土曜深夜、
眠たくなって寝ようとした途端、尿道が周期的に痛み出しました。
その痛みは次第に酷くなってきて、しまいには、左わき腹が痛くなってきました。

でも、何十回もジャンプすれば直ると信じていた私は、
ピョンピョン飛び跳ねて、それからアセトアミノフェンを飲んで
寝ました。

翌日、日曜だからどこも病院はあいていないのでおとなしく寝てました。

しかし、尿路結石を2回経験している私としては、どう考えても同じ症状なので
尿路結石間違いなしと感じていました。

で、今日月曜日。
仕事でミーティングがあるので、それだけは出ようと思い、出勤しました。
そしたら、30分繰り下げて会議が始まるというではないですか、
それを知った私は、待っていられなかったので会議の資料をうpして、
さっきようやく1時間半かけてきた道を帰り、自宅近くのかかりつけ内科医を受診して、
そこから紹介状を書いてもらって泌尿器科に行きました。

京都では初めての泌尿器科はハイソな感じで、座るところも個人スペースみたいになっていて
「オラ都会にいるだ」としみじみ感じました。

で、受診したのですが、先生は話を聞くなり
じゃぁ超音波と尿検査しましょうと仰ったので
ズボンを下げ、ベッドに寝て超音波を受けると

「腎臓は腫れていないですね」とのこと
で、膀胱に超音波を当てた途端
「あーありますね、石が」

…ということで、尿管と膀胱の境に2ミリほどの結石があることがわかりました。

先生が後になって超音波の写真を見せてくださって
「ほらここ、2ミリくらいの石が見えるでしょ?」
といわれたのですが、私には影と石との判別がつかず
「おー、ありますね」
と調子よく同調しましたが、でんでんわかりませんでした。

ただ、膀胱が腫れるメカニズムや、今のところ次の石は見当たらない
ということを教えていただき、アセトアミノフェンよりちょっと強力な
痛み止めのロキソプロフェンと胃薬を頂いて帰ってまいりました。

っつうこんで結石で会議を欠席したというお話しでした。

結石は痛いぞー!!
posted by evakichi at 15:18| Comment(0) | 日記

2017年05月29日

超備忘ログ 絶対失敗しない(?) CakePHP3.4.2 の入れかた

用意するもの
・CentOS 7.3.1611(インストール時にできるだけパッケージを入れておく)
・PostgreSQL

1.PHP7.1.5 のインストール
php-7.1.5.tar.bz2 を手に入れて tar で展開
$ cd php-7.1.5
$ ./configure --with-libdir \
--with-config-file-path \
--with-config-file-scan-dir \
--disable-debug \
--with-pic \
--disable-rpath \
--without-pear \
--with-freetype-dir \
--with-png-dir \
--with-xpm-dir \
--enable-gd-native-ttf \
--without-gdbm \
--with-gettext \
--with-gmp \
--with-iconv \
--with-jpeg-dir \
--with-openssl \
--with-pcre-regex \
--with-zlib \
--with-layout=GNU \
--enable-exif \
--enable-ftp \
--enable-sockets \
--with-kerberos \
--enable-shmop \
--enable-calendar \
--with-libxml-dir \
--enable-xml \
--with-mhash \
--with-pgsql \
--with-pdo-pgsql \
--with-apxs2 \
--enable-intl \
--with-icu-dir=DEFAULT \
--enable-mbstring \
--with-curl

$ make
$ make test
# make install

2.Composer のインストール
https://getcomposer.org/download/
を参照。

3.Cake PHP のインストール
$ composer create-project --prefer-dist cakephp/app my_app_name

my_app_name は任意。

4.config/app.phpの編集
$ cd my_app_name
$ vi config/app.php

Datasources と test の両方とも Mysql -> Postgresに変更。
ユーザー名とかは適当に。

5.Cake PHP 起動
$ ./bin/cake server

6.ブラウザで確認
http://localhost:8765/

オワタ。
しかし、CakePHP で何がどこまでできるかは謎。

この話のミソは、PHP をインストールするときの ./configure オプションの最後の5行ぐらい。後は超適当。
その超適当なオプションのつけ方は、

$ yumdownloader --source php-5.4.16-42
$ rpm2cpio php-5.4.16-42.el7.src.rpm | cpio -idv php.spec
$ less php.spec

から引っぱってきました。
オワリ。
posted by evakichi at 21:00| Comment(0) | 技術

2017年05月27日

ちょーびぼーろぐ php7にうp汁とき

標準で入っていたPHPが古いのとPOD_PGSQLができなかったので
手動でPHP7をインストールしたが、
./configure 時に --with-apxs2 がないと libphp7.so ができないことが判明。
チョーはまったorz。
posted by evakichi at 23:54| Comment(0) | 技術